姿勢の歪みによる胸郭への影響

しみ・しわ・たるみ, 不調改善, 未分類, 美容鍼, 鍼灸・整体

胸郭というのは、背骨・肋骨・胸骨・鎖骨で構成される籠状(かごじょう)の部分です。

胸郭は首から骨盤の中間に位置し、上半身を支える重要な部分です。そのため首や骨盤からの影響を受けやすいとも言えます。

どのような影響が出るのか、2つの例で解説します!

 

例1)猫背パターン

①背中が丸く猫背気味になり、首の位置が前にズレてしまっている。

②首の位置が前にズレる。

③胸郭は下方へ下がってしまいお辞儀をしたような状態になります。そして①が徐々に悪化し

④骨盤が後傾(後ろに倒れる)するようになってきます。

個々によって、順番は異なりますが、これらは全て繋がっており連動しています。

このタイプの方は、胸郭がお辞儀するような形になり、呼吸が浅くなり、自律神経にストレスがかかりやすくなります。

この場合は同時に腹筋も弱くなっています。

 

例2)骨盤の歪みパターン

骨盤が上下左右どちらかに歪むと、胸郭に影響が起きます。

(画像)右骨盤が下がり、左骨盤が上がっている。すると胸郭は、バランスを取ろうとして左側屈・左回旋方向に代償運動が働く。

悪化すると背骨も曲がってしまいます。

実際は見た目でわかるほど大きくは歪みにくいですが、体幹の筋肉が弱くなってくると、目に見えてわかるくらいの歪みになってしまいます。

体の片側に負荷がかかりやすくなり、いつも決まった方だけ凝ったり痛くなったりします

 

こうなる前にしっかりとケアをしていきましょうね!!

美姿勢スタイル・美姿勢ストレッチがオススメです♪

 

お気軽にお問い合わせくださいね♪

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧